表紙 
協会認定資格 
  ラッピングクリエーターとは 
     ラッピングクリエーターへの道 講習会 
     ラッピングクリエーター講習会開講施設 
     ラッピングクリエーター教科内容 
     ☆ラッピングクリエーター認定審査基準 
     資格取得者推移 

 
 
■3級(ベーシック) ラッピングの基礎知識を理解し、正確にラッピングする技術を持つ。
実技 規定課題、同一素材、同一テーマで、包み方、リボンの結び方、掛け方、タック、絞りなど、正確にラッピングできること。
知識 基礎知識を把握していること。
目的 ラッピングに関する基礎知識を持つ基礎的人材の育成。
■2級(グラデュエイト) ラッピングの基礎知識を十分に理解し、総合的に表現できる能力を持つ。
実技 与えられたテーマの中で、規定課題作品を制作し、応用的なラッピング表現ができること。
知識 基礎知識を正確に把握し、さらに「年間ギフト」「慶事用、弔辞用ラッピング」等の知識を把握していること。
目的 ラッピングに関する基礎知識を応用しながら、総合的に表現できる人材の育成。
■1級(コーディネーター) ラッピングの応用知識を十分に理解し、自由に創作表現できる能力を持つ。
実技 与えられたモチベーションの中から自由にテーマを設定し、規定課題1作品、自由課題1作品を制作。創作的なラッピング表現ができること。
知識 「季節」や「年間ギフト(年間ギフトチャンス)」に関わるラッピングの応用知識を把握していること。
目的 ラッピングに関する実践的な知識を応用し、創作的に表現できる人材の育成。
■上級(インストラクタ) ラッピング及び広く関連領域にわたるより高度な知識と専門技術及び応用技術を持つ。
実技 与えられたモチベーションから適当な分野を選出し、規定課題1作品、自由課題1作品を制作。最終的にプレゼンテーションも行い、プレゼンテーション能力について問いながら、ラッピングディスプレイをより専門的に表現できること。
知識 衛生分野、家政服飾分野、商業実務分野、文化教養分野から、専門分野を選択。これに関わる幅広いラッピングディスプレイ知識及びプレゼンテーション知識を持つこと。
目的 ラッピングに関する専門的な知識と技術をもちあわせたプロフェッショナルなラッピングクリエーターとしての能力の育成。
  
著作権者/公益社団法人全国調理職業訓練協会  許可なく転載してはいけません。